So-net無料ブログ作成
検索選択
 

家族ゲーム あらすじ ネタバレ 最終回!原作の結末はシュール? [家族ゲーム あらすじ]

2013-05-26_181314.png

『家族ゲーム』といえば、1983年に伝説の俳優松田優作主演
映画化され時代ブームを巻き起こした作品でした。


破天荒な家庭教師吉本勝役を大胆に演じきり今現在も語り
継がれるような大ヒット飛ばした映画ですそれを学生時代に見ていた世代がお父さんやお母さんになり、
今でも語り継がれる強烈なインパクトを残した作品です。


当時は、高度経済成長期の過程で、団地や受験戦争といった
背景があり、急速に成長する日本経済の中でよじれていく
家庭を描いた問題作です。


そんな伝説のドラマ家族でも2013年は、櫻井翔さんが主演に
挑んでいます。

『家族ゲーム』のあらすじをまとてみました。

謎の家庭教師吉本荒野ですが、東大合格率100%うたい文句に
するカリスマ家庭教師役です。


主人公の吉本荒野ですが重ねるごとに、その素性が明らかに
され、どんな人間なのか?過去に何があったのか?少しずつ
わかってきました。


吉本荒野と言う人物は昔勤めていた中学校の同僚の教師で、
吉本の本当の名前は『田子雄大』といいます。


駆け出しの教師だった田子雄大は、教え子である真田宗多が
いじめのことで悩んでることで、相談を受けていたが、真田
の訴えをきちんと受け止めきれなかったことで

他のクラスの担任であり教師や保護者に信頼の厚い吉本荒野
先生に相談をするのですが、そのことをとがめた田古雄大が
真田にいじめを先導し、追い込んできます。


その事実をを知ってしまった吉本先生が足を滑らせて階段
から落ちてしまい、人工呼吸をつける闘病生活になって
しまいます。


当時、吉本先生と仲が良くなかった田子先生がこの事件と
関わっていたのではないか?と疑いをかけられましたが、
確証はなくその後に田子先生は教師を辞めてしまいます。


この事実を知った長男の沼田慎一が家族会議にかけ、この
秘密を打ち上げるのですが、吉本荒野に救われたと語る茂之
の発言で引き続き家庭教師を続けることを許されました。


ここからは、家族ゲームのネタバレです。

原作での家族ゲームは茂之は、成績が上がり進学校に合格
するのですが、そこでも中学校でいじめていた生徒が進学し
同じくいじめにあい、不登校になってしまいます


一方、長男の慎一も自分を見失い、学校に行けずに閉じ
こもってしまいます。


世間体ばかり気にする両親問題を抱えていも、誰にも
打ち明けず閉じこもってしまう子供たち。

原作は、こんなシュールな結末で終わるのですが、2013年版
の家族ゲームは、この結末とは全く異なると予想されて
います。


慎一は、幼い時から優等生という立場で両親の期待を
背負ってきたのですが、本当の自分が出せずにもやもや
した生活を送っていたですが、

吉本荒野にその心の闇を悟られ一枚一枚剥がされて行き、
やがて丸裸にされてしまいます。


どこか冷めて本当の自分を引き出せずにいる慎一。ずっと
兄に劣等感を感じながら自分というものに自信を失って
しまった弟、茂之。


子供たちのことはすべて母親に任せ、当たり障りなく仕事も
人生も生きて行こうとする父。
いつも何かにおびえてる様子で、子どもたちの教育に自信が
なく本当の意味で向かい合うことができない母。


家族ゲームの最終回の結末は、どうなってしまうのか今から
とても楽しみですが、少し予想してみました。


こういった設定を現在の家庭に置き換えて一石を投じること
ができるのか?家族ゲームの結末は、きっとハッピーエンド
では終わらないと思いますが、

家族に問題が起きても、キチンと包み隠さず向き合い
支え合い助け合うことが出来れば、『家族ゲーム』のような
見せかけの家族ではなく、本物の家族になれるということを
訴え掛ける作品になるのだろうと思います。


ちなみに出演者たちはドラマの撮影の待ち時間に自分たちの
家族のことを話したり、数の何でもない会話やニュース
ことなどを話し、和気あいあいとした雰囲気で撮影は進んで
いるということです


慎一役の神木隆之介さんは、5月19日にめでたく20歳の
誕生日を迎えたということですが、高校生役を全く違和感なく
こなしているところは、さすがは期待される若手俳優だな
と思わせる演技力です。

2013-05-26_181223.png

ドラマもいよいよ後半戦に入り、最終回エンディングに
向かい、佳境に入ってきます。吉本荒野が沼田家を救うこと
ができるのかとても楽しみです。



nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

TOP ページ