So-net無料ブログ作成
 

櫻井翔 家族ゲーム 演技!カバンや歩き方は?名言やサウナがいいね! [櫻井翔 家族ゲーム]

2013-05-26_194055.png

櫻井翔の主演の『家族ゲーム』の演技について皆さんが
どんなふうに思ってるの気になったのでまとめてみました。


一番、皆さんが気になっていることは、演技が上手いとか
下手とか言う以前に櫻井翔はいろんなことが出来るマルチ
タレントであるということです。アイドルとしての音楽活動だけではなく、嵐のメンバーで
ニュースキャスターやバラエティーもこなすマルチな才能
発揮しています。


さらにドラマでは東大合格率100%請負人としてのカリスマ
家庭教師役と難しい役どころに挑戦しています。


吉本荒野として、いじめにあい引きこもってしまった茂之と
優等生でありながら、心に闇を持つ慎一を家庭教師しながら
はたから見れば、ごく普通の幸せな家族の中に潜む馴れ合い
の家族ゲームのような接し方に一石を投じるわけです。


櫻井翔をアンチな人は演技が下手だとか素人だとかネット
では意見や感想が並べられていますが、そのようなユーザー
は総じて演技は下手だと言っていますね。


しかし櫻井翔さんは、いろんな場数を踏んでいる分、普通
レベルの俳優よりむしろ演技に幅があり、オーラさえある
ような気がします。


櫻井翔さんのことを好きか嫌いかは別にして、この
『家族ゲーム』を見て、彼の才能認める人が増えることは
間違いありません。


歴代の大物俳優・松田優作長渕剛が演じ大ヒットしたドラマ
のリメイクということで、大変なプレッシャーがある中、
2013年版の家庭教師吉本を器用にこなしてるな。という
印象です。


特に、いつも明るいのに、夜にはうなされて眠れない
吉本荒野という人間を新しいキャラクターとして作り始めて
いることは正直すごいなと感心しました。


吉本荒野は破天荒で生ぬるい指導はしませんが、どこか
心の奥に人間としての温かさがあるような気がします。


本気で向き合うからありきたりの教え方はしないし、普通で
はない生徒や家庭だから犯罪ぎりぎりの危ない橋を渡り
ながらも、表面だけの見せかけの顔を一枚一枚はぎ取り
本当の家族の姿を映し出そうと色の戦略を仕掛けてきます。


それが、回を増すごとに物語の面白さが増し、吉本荒野が
どのような人間なのか。何を考えてるのか。どんどん気に
なって仕方がなくなってきます。


感情をあらわにするシーンがとても多い印象を受けるのです
が、吉本荒野が体当たりで家族に向き合うという姿勢が
物語のポイントになってくるので、

櫻井翔の演技力はこのドラマには大変重要な役どころに
なるわけです。


ちなみに、吉本荒野がいつも斜めがけしているヴィンテージ
風の大きなかばんですが、ラルフローレンの
ビンテージレーザートートバックで、とても人気がある
ようですね。

2013-05-26_194257.png

あと、吉本荒野の歩き方が印象的なのですが、まっすぐ
前向き手を大きく振り、かなり変わっている印象ですが
変な家庭教師という印象出すためのアクセントだと
思います。


監督から細かい指示が出ていると雑誌の記事にありました
ので、変人さを出すための演出なのだと思います。
長いコート来てるので足が短く見えてしまうので残念だと
いう意見もありました。


あと、吉本荒野か場面ごとに使う決めゼリフで
『いいね~。』というものがありますがこれが、名言に
なる可能性があります。

子供たちの行動にうなずきながら『いいね~。』
と言い次の手を考えてるような吉本荒野の演技が、次に
何が起こるんだろうという期待感をくらませているような
気がします。


父の一成と一緒にサウナに入り、ブツブツと話すシーンが
ありますが、最近のドラマでは必ずといっていいぐらい
シャワーのシーンや腰にタオルを巻くシーンがたびたび
れますが、これもドラマのトレンドなのでしょうか。


櫻井翔のファンにとってはとても楽しみなサウナのシーンで
あることには間違いありません。



nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

TOP ページ